一人一人の予定に合わせたカリキュラムをスタッフと作成します。

高校生は忙しい。部活や学校行事、遊びなど予定がたくさんあるものです。
そんな日々の中で勉強をどのように進めていくべきか、また大学受験に向けて今,何をすべきなのか自分一人で考え行動していくのは大変なことでしょう。ユニバーハイスクールでは勉強時間を確保出来るように、ユニバーハイスクールでの授業日はもちろん授業のない日もスタッフと一緒に勉強の計画を考え一人一人オリジナルの勉強カレンダーを作成していきます。また2週間ごとに面談を実施し、カリキュラムの進捗状況や計画の見直しもしていきます。
作成したカレンダーをもとに、Studyplus というユニバーハイスクールオリジナルにカスタマイズしたアプリを使って計画で決めた勉強時間、勉強内容の全てを記録し、スタッフと共有します。
私たちがあなたの日々の勉強記録をチェックし勉強のやる気を持続させ、習慣化するためにスタディプラスを通して日々あなたの課題や弱点に合わせてアドバイスをしていきます。

最新のテクノロジーで一人一人のために最適化された勉強を。

ユニバーハイスクールでは最新のテクノロジーを使い、一人一人に合わせたカリキュラムを効率的に行えるように最適化された勉強環境を整えることで今まで以上に最高のカリキュラムをご提供いたします。

映像授業

実力予備校講師による各教科の授業を
いつでもどこでもスマホ・タブレットで受けられます。

映像授業は気軽に簡単に見られるものとなりました。ユニバーハイスクールではベリタスアカデミーと学びエイドという2つの映像配信授業を見ることが出来ます。膨大の映像コンテンツの中から自分で何を見るべきか探すのは大変です。
私たちがあなたに今何が必要なのかを明確にして見るべき映像授業を提示するので迷う必要はありません。そして受講科目の映像コンテンツは何度見ても料金の変わらない見放題のシステムです。

AI授業

自分専属のAI先生が自分専用のレッスンを作ります。

数学、英文法の授業ではAI(人工知能)を活用したラーニングシステム『atama+』を使用します。atama+はAIが一人ひとりすべて違う理解度・学習履歴・ミスの傾向・その日の集中度などに合わせ、世界にひとつだけの、その生徒専用のカリキュラムを自動作成することができる個別指導以上の、“超”オーダーメイド学習を可能にします。最短ルートをナビし、ハイウェイを走るように最速で成長できます。

授業で習った内容はチェックテストを通して確認します。

『映像授業』『atama+』などの授業ではチェックリストに従ってカリキュラムを進めていきます。授業を受けた後、チェックリストに従って授業で習った内容のチェックテストを受けてもらいます。チェックテストで合格するまで次の授業に進まずに再チェックテストや、合格するまで演習特訓をします。
また科目によって個別にアドバイザーが指導する時間もあります。

学年別ミーティングでチームの状況を把握しよう。

月に1回程度、学年別に集まり学習状況の共有やスタッフからのお知らせ、チームでのプレゼン発表などを行うミーティングの時間があります。
同じ学年の生徒が1つのチームのように集まり、普段の勉強の状況をシェアしたり、定期テスト、大学受験といったプロジェクトをどのように進めていくか話し合う時間になります。
もちろん一人一人、目指すべき大学や、やるべきカリキュラム内容は違いますがチームだからこそ生まれる一体感からモチベーションが上がり目標に向かってチーム全体で前向きに進んでいくことを目指します。

先生の役割は『コーチ』へと変化します

先生の役割が大きく変わろうとしています。今までは先生が生徒に教えるティーティングがスタンダードなあり方でした。
しかし、必ずしもそれが学習する上で効率的なやり方とは言えませんでした。IT技術の進歩によって教えることの全てを先生がやるべきことではなくなっていくと私たちは考えています。IT技術をうまく取り入れながら授業を展開していくことがこれからの指導に不可欠になっていくことでしょう。
私たちにとって先生とは生徒の皆さんがモチベーションを保ちながら勉強を継続してもらえるよう一人一人を手厚く見守るサポーターとしての役割であるべきだと考えています。
ユニバーハイスクールでは生徒一人一人とのコミュニケーションを多くとり、日々の勉強の進捗状況やテスト対策面談、相談などを共有する機会を毎月のように設けています。